よくあるご質問

FAQ

お客様から多く戴くご質問内容を、システム別に回答しております。お困りの時にお役立て下さい。

工程アシスト

インストールが途中で止まります。

以下の項目をご確認下さい。

・管理者権限でインストールを実行しましたか?
・インストール用ソフトを解凍したまま、別の場所にコピーしてしまっていませんか?
・ウイルス対策ソフトが起動している場合は、一旦起動を止めてください。

パスポートIDが判らなくなってしまった。

ご不明の場合は直接当社までお問い合わせください。

パソコン何台まで使用可能でしょうか?

パソコンの台数に制限はありません。契約に応じて、同時に使用可能な人数が制限されます。

使用中にシステムがダウンしました。どうしたら宜しいでしょうか?

使用途中でシステムがダウンした際は、バックアップファイルが残っています。
ユーザー様向けにお配りしているマニュアルに沿って、復旧を行ってください。

印刷をすると、システムがダウンしてしまう。

印刷時にシステムがダウンしてしまう場合は、接続されているプリンタがシステムに認識されていない可能性があります。その場は、印刷ボタンを押した後、ctrlキーとshiftキーを長押しして下さい。
その後、印刷画面が表示されますので、印刷に進んで下さい。

ファイルが保存できません。

新しいバージョンで作成したデータを古いバージョンのPCで操作し、保存しようとする時に起きるエラーです。この場合、作成したデータは通常保存が出来ませんので、一旦データをエクスポート保存して下さい。
その後、工程アシストのバージョンアップを行ってください。その後、データをインポートして復元して下さい。

システムのバージョンを確認したい。

システムのヘルプからバージョン情報を確認して下さい。

通常の方法で、アンインストールが出来ない。

別のアンインストールの手順を以下に示します。

1)C:Program Files (x86)Dual ProductsのKenKouteiを一旦削除してください。
2)添付ファイル(KenKoutei.lzh)を解凍して、C:Program Files (x86)Dual Productsにコピーしてください。
3)コピーしたフォルダ内にあるUNINST.EXEを実行してください。

PHOTOMASTER Plus

起動したら現場名が表示されなくなってしまった。

以下の手順で接続し直してください。

①履歴から接続し直す方法
PHOTOMASTERを起動した画面「工事管理」のメニューの一番下にある「接続先の変更」をクリックします。
過去に接続をした履歴の一覧が表示されますので、その中から該当の接続先をクリックして「履歴から接続」を押します。その際、接続履歴は上から新しい接続履歴で並んでいます。
現場名のデータに接続できるようでしたら、最新のデータかを確認してから使用して下さい。

② データ(DB14ACCESS_PMP)の場所を探す方法
PHOTOMASTER用のデータは「DB14ACCESS_PMP」という名前で保存されています。
保存場所が判りましたら、PHOTOMASTERを起動した画面「工事管理」のメニューの一番下にある「接続先の変更」をクリックします。①と同様の画面が表示されますが、今回は一番下の「参照」をクリックします。
該当フォルダまでたどり「DB14ACCESS_PMP」をクリックして「OK」をします。
その後、最初の画面で現場名が出てきましたら最新のデータかを確認してから使用して下さい。

新しいパソコンに、システムをインストールしたい

ご契約内容によって、インストールの方法が異なります。
お手数ですが、当社までお問い合わせください。

   

PHOTOMASTER Plus連動 リコー製カメラ G800・G900

撮影のときにカメラメモが表示されません。

以下の事を確認してください

① カメラのカメラメモ設定がOFFになってないか確認してください。
② カメラメモモードMODE2にして下さい。
③ 起動したときの画面からスタートして、真ん中のメニューボタンから左上のADJボタンを押してください。

「撮影済み」がメモに表示されません。

カメラメモ設定の「メモ撮影済み表示」がOFFになってないか確認してください。

カメラを起動しても画面が真っ暗で何も表示されません。

MENUボタンから右下のDISP.ボタンを押すと画面が切り替わります。

カメラをパソコンにUSBケーブルで接続しましたが、保存先フォルダがわかりません。

以下の二つの方法で確認して下さい。

① 保存先を変えていない場合
デフォルトは、Cドライブ→「ドキュメント」フォルダ→「Digital Camera」フォルダ内に保存されます。

② 保存先を変えている場合
RICOHのソフトである「DL-10」を起動して下さい。起動後のメニュー画面「MENU」をクリックします。
「オプション設定」をクリックし、「保存先フォルダ」欄に記載されているフォルダに写真が自動保存されています。

カメラに転送したはずの撮影リストがカメラ上で確認できません。

以下を確認してください。

① カメラとパソコンが正常に接続されているかを確認して下さい。
② 撮影リストを保存するときに、他のUSBメモリやHDDの中に誤って保存していないかを確認してください。カメラから転送する場合は、カメラの「TEMPLATE」フォルダ内に保存されている必要があります。
※カメラをパソコンに接続すると「USBドライブ(G:)」や「G800」などで表示されることがあります。
③ パソコンによっては外部メモリに書き込み出来ない場合がありますので、別のパソコンで転送できるか確認してください。

カメラの画面に何も表示されなくなってしまいました。

ADISPボタンを押せば、元の画面に戻ります。

カメラをパソコンに接続しても、パソコン側で認識しません。

以下の事を確認してください
① PCに他のUSBコード(マウスは除く)が差さっているか確認してください。
② コードが正規品でない場合、正常に認識されないことがあります。
③ SDカードがちゃんと差さっているか確認してください。
④ SDカードのロックを外してください。
⑤ カメラに十分な充電がされていないと、認識されないことがあります。
⑥ パソコンを再起動して下さい。
⑦ 他のパソコンでも同様に認識しないか、確認して下さい。

現場DEカメラ

現場DEカメラ(無償版)をipadで使用する時に、画面を横向きに固定して使用したい。

現場DEカメラ(無償版)はiPad・iPhoneのホーム画面の向きに依存しています。
一度ホーム画面を横向きにした後、「画面の向きのロック」をオンにして、画面を横向きに固定してください。現場DEカメラ※現場でカメラPROは操作の途中で、いつでも向きを固定できます。

配筋マスター

iPadの配筋マスターを開いたら、今まで検査していた階データが表示されなくなった

以下の事を確認してください。

・PCの配筋マスター上で持出を行っているか(配筋マスターマニュアルP.4)
・アカウントが複数ある現場なら、ちゃんと自分が使いたいアカウントでログインしているか

検査マークを消したい

タブレット上で消したい検査マークをタップし、出てきた断面図画面の右上に検査マークの色を変更する検査マークアイコンがあるので、そこをタップし出てきた欄の一番下にある「検査箇所の削除」をタップ。画面真ん中に出る「本当に検査箇所を削除する」をタップすると、伏図上の検査マークを消せます。
※その検査マーク上で撮影した写真や、断面図に書き込んだ情報も消えてしまうのでご注意ください

黒板に断面図を表示したい

PC側の配筋マスター上で「持出設定」画面を開くと黒板設定アイコンが表示されるので、そちらで「略図」にチェックを入れて更新し、持ち出して頂ければ黒板に断面図が表示されます。

撮影した後に黒板の編集をしたい

・改ざん防止のため写真を撮る前でしか編集はできないので、撮影前に黒板の編集を行ってください。
・黒板無しの写真を保存したい際は、一括DLのときに黒板有り・無しを選択できる

ユーザー名を変更したい

ユーザー側で変更はできないので、サポートダイヤルまでお問い合わせください。