ALS/CAD

SERVICE & PRODUCT

BIM導入・活用の新しい形「ALS/CAD」についてご説明します。

工程管理システム工程管理システム 工程アシスト

誰もが簡単に使えるBIM。設計者のみならず工事現場、専門業者にも使えるサービスです。
2次元のCADデータから実数積算と3次元化を同時に行い、実際の施工数量を拾い出し、清算可能。
IFCデータ(3次元共通ファイル)があれば、直接取込みも可能で更に効率アップ。

導入のメリット

三次元化/BIM化が容易に

メリット1

施工条件を入力するだけ!

通常の2次元データに属性を付けることで容易に3次元化を実現します。
専用のCADソフトで簡単に積算データの取込みや属性データの追加が出来ます。

実数積算が容易に

メリット2

用途に応じた書式作成・転用

実際に施工した数量を把握し施工業者への発注・清算に使用できます。
施工業者に3次元で閲覧してもらうことで説得力のある説明が可能。
同工種の複数業者発注の実数振分けが可能です。

検査が容易に

メリット3

各種ソフトと連携

階・通り名・部位・符号が自動認識で検査記録作業が大幅に効率アップ。
検査時の写真撮影、チェックシート出力が容易です。

機能一覧

  • 3次元化/BIM化機能

    2次元CADデータから3次元データに変換したり、属性データを追加することが出来ます。
  • 清算機能

    施工要領に基づいた実数で拾うことにより、積算基準の数量との差異を明確にします。
  • 出来高管理機能

    実際に施工した数量を3次元データに基づき容易に把握し、出来高管理、清算に使用できます。
    同工種の複数業者への発注の実数で振分けが可能になります。
  • 検査機能

    【配筋検査】
    階、部位、符号、通り名を自動認識。該当場所の検査業務が大幅短縮できます。
    【鉄骨検査】
    高力ボルト、建入れ、溶接の各検査に対応。継手図が自動的に表示されます。
    配骨チェックシート、鉄骨写真が自動的に出力可能です。
    【仕上げ検査】
    指摘事項や協力業者等の事前登録機能があり、検査結果は部屋毎や業者毎に自動で振分けます。
    検査後の処置を指定することで、処理状況を把握することが出来、孫結果をエクセル等のファイルに帳票出力できます。

動作環境

< ツールズタッチ/カメラ >
iPad mini,iPad Air

導入企業のご紹介

  • 大豊建設株式会社

    大豊建設株式会社 様

他スーパーゼネコン、中堅ゼネコン各社

ALS/CADに関するサポート情報