ビル管理システム

製品資料(リーフレットPDFファイル/768kb)

ファマボットは、ビルの管理体制を刷新し、省エネや維持管理費削減を実践します。

ビル管理費を抑え運用コストを削減する仕組みは?

建物全体としてエネルギー消費を抑えて稼動するには?

建物や附帯する設備機器を安全に末永く使っていくような仕組みとは?

各事業者は、省エネ法に今後どのように対処していく必要があるのか?

こんな悩みをお持ちではありませんか?

ビルオーナー事業主

  • エネルギー消費削減の為に却ってコストがかかりそう。
  • そもそも維持費をもっと下げられないか。

テナント様

  • エネルギー消費量報告なんてテナントの立場で面倒。

管理会社様

  • テナントからのクレーム対応に追われる。
  • 管理費を下げないと管理会社を変えると言われている。
ファマボットがそのお悩みを解決いたします。

答え

  • ビル管理費を抑え運用コストを削減する仕組みは?
  • ファマボットは、貴社のビル管理費を抑える助っ人になるように考えられています。関係者とのイメージのように建物の使用者、管理者、所有者に必要な情報を提供し、迅速な対応を促します。
  • 建物全体としてエネルギー消費を抑えて稼動するには?
  • ファマボットは、建物および建物に附帯する機械設備が、より長期に使用できるように故障の兆候を察知して関係者に知らせる機能を持っています。→運用のイメージ:日常運用編
  • 建物や附帯する設備機器を安全に末永く使っていくような仕組みとは?
  • また、日常の管理・監視の機能の他に、長期計画にも携わり運用のイメージ:長期計画編、ファマボット育成スタッフが、長期的改善の提案を行います。
  • 各事業者は、省エネ法に今後どのように対処していく必要があるのか?
  • ファマボット育成スタッフには、省エネ診断を年間50件以上こなす人材が含まれ、貴社の省エネ診断や省エネ対策にお応えします。

製品資料(リーフレットPDFファイル/768kb)

ファマボット導入後のイメージ

1.関係者とのイメージ

ビルの稼働状況を関係者が必要に応じて確認できます。
オーナーや管理会社になり代わって監視・対応を行います。
予知保全技術で、タイムリーに連絡・報告を行い、維持費やエネルギーを削減します。

1.関係者とのイメージ

2.繋がる情報のイメージ

建物の情報を包括的に管理できるので円滑な利用が可能です。図面や台帳だけでなく日常の観測記録も監視できます。

2.繋がる情報のイメージ

2.繋がる情報のイメージ

3.運用の流れのイメージ

日常運用編

ファマボットが貴方に代わって状態監視、悪くなった兆候を察知します。

日常運用編

長期運用編

診断、分析、計画、対策、経過観察……すべておまかせください。

  • 日常の監視状況を分析して、更なる改善策を提案。
  • 長期的な、修繕計画の修正や見直しを行います。
  • 設備機器修繕計画
  • 固定資産評価
  • 建物長期修繕計画

上記計画は、貴社との相談の上、弊社の専門スタッフによりファマボットの設定を行います。よって、ファマボットは、使えば使うほど賢くなります!

製品資料(リーフレットPDFファイル/3Mbyte)

資料請求・お問い合わせはこちら

株式会社シーエム総研 TEL(03)6202-2955

製品資料(リーフレットPDFファイル/768kb)

サービス体制

経験豊富な専門員(診断、制御、設備、建築、IT)が対応測定対象を選ばない計装システムASPサービスでWeb上での安価なサービス

我々が貴方のファマボットを育てます!

大西 義人

省エネ診断・対策(主に制御)提案を担当
株式会社省エネソリューション
エネルギー管理士

各企業の省エネ診断に年間50件以上携わっています。
診断の経験を活かし、貴社の診断および省エネ対策に貢献します。

出相 昭治

計測、システム運用・保守を担当
株式会社キャトル
施工図システム、FMシステム構築

建物のFMシステムやCADシステムに携わって20年。
ファマボットの設定作業はお任せ下さい。

谷田 正人(ヤツダ マサト)

システム導入のコンサルティング、対策工事の手配を担当
株式会社シーエム総研
一級建築士、一級建築施工管理技士

ファマボットに興味を持たれたお客様

是非、一度ご相談下さい!

ファマボットの構成

ファマボットの構成

製品資料(リーフレットPDFファイル/768kb)

出力サンプル

ドキュメント管理(図面、台帳、仕様)

建物の竣工時の情報は勿論、運用中の書類作成も容易です。

  • 減価償却申請書
  • エネルギー消費報告書
  • LCC計算書

計測結果、アラート

計測機器には、それぞれ限界値だけでなく警戒値を上限、下限で設定できます。
また、それぞれの機器に対して報告先を設定できます。

計測結果、アラート

製品資料(リーフレットPDFファイル/768kb)

ロボット型建物維持管理サービス ファマボット

資料請求・お問い合わせはこちら

株式会社シーエム総研 TEL(03)6202-2955